審美歯科

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース
 1.治療目的以外の処置
 2.高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

きれいなむし歯治療

保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をしました。
治療での目的は「機能の回復」であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
審美歯科では、機能的な側面だけでなく、「見た目の美しさ」いわゆる「審美」という側面も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方にお勧めの治療です。
主な治療法としてハイブリッドセラミックス、メタルセラミックス、オールセラミックスといった治療方法があります。
ハイブリッドセラミックスはセラミックとそれらをつなぐ微量のプラスチックが混ざり合った材料で作られたインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)です。
虫歯を治療した箇所をきれいに修復することが可能です。
強度と耐久性が強く、奥歯のように、噛む力が強い場合におすすめできます。天然の白さと輝きを取り戻す治療法です。

セラミックインレー


パラジウム合金やレジンなら健康保険での治療が可能ですが、歯の残った部分との適合性が悪く、その隙間から再び虫歯になるリスクを抱えています。
セラミックインレーは適合性が高く、虫歯リスクを低減できます。
また、歯の色に合わせてのオーダーメイドになりますので見た目の仕上がりが大変自然になり、かつて虫歯であったことが解らなくなるほどに修復することができます。

オールセラミックス

オールセラミックスとは、セラミックで作られたインレー、クラウンです。
歯を治療した箇所をきれいにすることが可能です。
歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。
また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。
歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

メタルボンド

金属の上にセラミックを焼き付けたクラウン(被せもの)を利用する治療法です。
セラミックは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。
一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。
それぞれの利点が欠点を補いあう治療法です。

ラミネートベニア

歯の上にレジン(樹脂)を薄く盛り固める方法で歯を薄く削りセラミックを接着します。
セラミックの付け歯を利用することによって、表面まで黒ずんでしまった虫歯を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を全体的に整えたりするのに最適です。

最短1時間でできるキレイで自然なセレック治療

「笑顔の美しさ」に自信を持てなくなっていませんか?

セレックは医療先進国のドイツで開発されたコンピュータによって自動的に歯の修復物を制作するシステムです。
CCDカメラで簡単にお口の中を撮影し、そのデータを元に作成する歯の形を3D処理を行いながら作り上げるので歯型を取る必要もなく1日(最短1時間)で治療が完了いたします。 金属の(銀歯など)詰め物や被せものなどで口元の美しさが損なわれているのに...

・治療費が高い
・何度も通院する時間が無い
・結局また虫歯になって次は銀歯しか入れられない


など、様々な理由でせっかくの笑顔に自信を持てなくなっている患者さんから多数の相談をいただくようになりました。
そこで当院では医療先進国のドイツで開発された最新のシステム「セレックシステム」導入いたしました。

あなたのお口の中にもこんな症状ありませんか??

左図1 のように、銀歯の内側の色が黒くなってきてるのが分かるかと思います。これは銀歯の中で虫歯が広がっている証拠です。

銀歯の特徴

・銀歯は静電気を持っていますので、プラーク(歯垢)などの汚れを引き寄せやすい
・劣化が早く、何度も脱離してしまいます。4~5年でやりかえが必要です。それ以上長持ちしてる方でも、銀歯の中でむし歯はどんどん進行していきます
・唾液により金属が錆び、歯茎に溶け出してメタルタトゥー(歯茎の黒ずみ)ができてしまう
・金属アレルギーの心配があります (右図)
・歯と銀歯はくっついていません。実は取れないようにむし歯でない部分は大きく削り、空洞をセメントで埋めているのです。

プラスチックのつめもの(レジン)

左図3 のようにレジンのつめものは唾液による変色があり、臭いの吸収があるため、口臭の原因にもつながります。またレジンを詰める時に光をあてて硬化させますが、冷たい物や温かい物を食べたり、飲んだりすることで、レジンと自分の歯質との間にギャップが生まれます。これはレジンが温冷により膨張と収縮を繰り返すことで生まれます。そのため、2~3年毎にやりかえが必要になるので、その度に歯科医院への通院と費用が必要となってきます。



セレックの特徴

かみきたデンタルクリニックではメタルフリー診療をおすすめしています

  • 安全性
    • セレックはオールセラミックです。 金属アレルギーを起こす心配がなく身体に優しい素材です。
  • 将来性
    • セレックは治療した歯は10年で90%以上が長持ちします。 金属の倍以上の生存率です。しかも当院では2年の完全保証付きです。 これから先の事を考えると比較的お安い治療方法となっております
  • 機能性
    • 銀歯は歯とくっつける(接着する)事ができないので、くっつけるために虫歯ではない部分まで削らなければなりません。 セレックは歯と接着することができるのでむし歯の部分以外の健康な歯まで削る心配がないのです!自分の歯質が多いほど歯は強く、長持ちします。
  • 利便性
    • 従来の型採りは作るまで1週間ほど時間がかかりますが、セレックは機械によって作製するため最短1時間で被せ物を入れる事ができます。 削った歯面が汚染されるリスクも回避できますし、素早く正確な治療を行う事ができます
  • 審美性
    • 保険ですと奥歯の被せものに関しては銀歯になってしまうし、前歯は表は白くできても保険の材料を使ってるので、どうしても年数がたつとだ液により変色してしまいます 。オールセラミックは白く、透明感があり変色しません 。天然の歯により近い材料なので体にもとても優しいのです 。




    • ↑予防性が高いセラミック

    • 右図1 の右側は保険のプラスチックの詰め物です。 表面がざらざらしているので、虫歯の原因となるプラークや細菌が付着しやすいのに対し、左側はセレックですが、ツルツルしているので見ての通り汚れを寄せつけません。 そのため歯ブラシもしやすく、安心安全で、天然歯に最も近い素材のため、虫歯や歯周病予防にもつながるのです。


      上図は染め出し液による実験写真です。 この実験では、金属の土台による黒ずみと プラスチックの詰め物なのでツヤもなく汚れが目立つ のが良く分かります。
  • 価格面
    • セレックはただ白くてキレイなだけではないのです!!

      当院は、院長の「できるだけ多くの患者様に幸せと健康を!」という思いからお手頃な価格で提供させていただいております。(全国平均の半値)

*CAD とは??
ノーマルより1ランク上のブロックを使用します。
セレックに比べて透明度が高く、審美性に優れています。ノーマルブロックより倍以上の強度があります。

*プレスとの違いは??
ノーマル ・ CADともに3D光学カメラで口腔内を撮影し、コンピューター上で設計した後、機械によって設計されたデータをもとにブラックを削り出し作製していきます。
プレスは、コンピューターが作り出すのではななく、歯科技工士が手作業で製作していきます。そのため、隣り合う歯との色合いや形など細かい部分まで調整、再現することが可能になります。


天然歯に近い摩耗性

e-maxは非常に高い強度でありながら、天然の歯に近い摩耗性を持っています。これはほかの天然の歯に比べて、強すぎる歯が存在することでお口の中のバランスが崩れ天然の歯が摩耗により削れてしまう現象を大幅に減少させる効果があります。そして、天然歯と同じように摩耗することを前提に厚みを持たせて製作するので患者様のご負担を限界まで抑える効果があります。



セレックを活用した治療の流れ

セレック治療の審美歯科

1)CCDで患部を撮影(型取り)

専用のカメラによってお口の中の撮影を行います。
小さなカメラを口の中に入れて患部を撮影するだけなので、楽に撮影する事が出来ます。CTやレントゲンのように放射線による撮影ではありませんのでどなたにも安心です。

2)コンピュータで立体化

撮影した画像を元にコンピュータで立体化を行い、理想の形を導き出します。
歯科医師が監修しながら患部の歯だけではなくお口の中全体のバランスを考えた歯の形を設計します。

3)高速で歯を削りだす

セラミックのブロックを高速で削りだし、コンピュータで設計した歯の形を忠実に再現します。
通常、歯科技工士による削りだしにり技工物として歯を削り出すので時間も費用もかかっておりましたがセレックシステムにより短時間で高精度な詰め物や被せものを制作します。

4)その場で被せて治療完了(早ければ60分)

出来上がったセラミックの歯をお口の中に装着して治療完了です。早い場合で60分で全ての治療を終える事が出来ます。

メタルフリー治療
精密根幹治療
インプラント
マウスピース型矯正歯科装置
BPS、ミラクルデンチャー 入れ歯

費用・お支払い
徹底した衛生管理

アーカイブ